Ryotaの教育勅語)

大阪のイベントスペース「黒門 Culture Factory」について紹介します!

 人気記事

  【無料】人生を本気で変えたい人へ。たった30分で自分の人生を変えてみませんか?

 【大学生必見】Amazon Studentのメリットとデメリットをまとめてみた

 ネットで10万円を稼ぐ僕が大学生でも簡単に1万円以上お金を稼げる9つの方法紹介する


f:id:no-name-310-007:20180518151438j:plain

 

こんにちは!

ハッピークラウンという事業をやりながらブロガーをやっているRyotaです。 (@RyotasannNo)

 

4月15日にぼくは代表の溝端やメンバーと共に黒門 Culture Factoryという施設をオープンしました!

 

黒門 Culture Factoryって何をやっているところなの?

 

こんなことを最近よく質問されるんですよ。

めちゃくちゃ簡単に説明すると、バーとイベントスペースの複合施設みたいなもんです。

 

僕は色んな人に黒門 Culture Factoryを知ってもらいたいんです。

何よりも人が温かいんですよ。携わってくれている方もみんな素敵だし、色んな人に遊びにぜひ来てほしい。

 

遊びに来て素敵な人たちに生で触れてみてほしい。

それぐらい胸張って素敵な人と言い張れるほど、自慢の人たちが集まる場所なんです。

 

今回は黒門 Culture Factoryがどんなことをしているのかと今後の展望について説明しますね。

 

 

 

黒門 Culture Factoryについて

f:id:no-name-310-007:20180529130733j:plain
 

黒門 Culture Factoryはハッピークラウンという団体がプロデュースしている場所になります。

 

アートやエンタメに特化した「みんなの公園」

誰もが自由に出入りすることができて、色んな人と話をすることができたり、お酒を楽しんだりすることができる場所。

 

バーとスタジオを併設した場所になります。

 

f:id:no-name-310-007:20180529140319j:plain

 

f:id:no-name-310-007:20180518151710j:plain

 

4月15日にリニューアルオープンし、常時開ける予定でしたが、常時滞在できる人がいないため人がいる時に開けています。

 

ちなみにぼくは黒門 Culture Factoryの支配人をさせてもらってます。

 

月曜日はイベントがなければ19時~23時で必ずバー営業してるので、良かったら遊びに来てくださいね。

 

ただ1つ難点があって、電波が入りにくいんです。

auやSoftBankは大丈夫ですが、docomoは全然ダメで使い物にならないです。

 

そのうちWi-Fiが入るので、電波の心配はなくなると思いますので、早く工事して!って感じですね。

電波が入った時点で、コワーキングスペース的な場所をやりますので、楽しみにしておいてくださいね。

 

Wi-Fi工事完了したので、電波に困ることはなくなりました。

これでコワーキングスペースとして活用することができましたよー!

 

色んな人が来てくれるので、そこで新しい出会いや仕事が生まれたら嬉しいな。

 

黒門 Culture Factoryの営業時間とイベントスペースの使用料です。

 

・場所:大阪市中央区日本橋2-1-22 上野ビルB1F

・営業時間:10時~23時 入場料無料 ※滞在できる人がいる場合のみ開けてます

・月曜はバー営業:19時~24時 チャージ料(500円)

※イベントが入った日はバーはお休みとなります。

■イベント利用
10:00から23:00(完全撤収)
基本飲食持込可
(イベントによっては不可の場合有り)

■利用料金
利用時間制限なし:30000円
3時間利用:1,500円×人数
※集客人数が5名以下の場合7,500円

■特典
・ドリンク飲み放題
・ステージ無料使用可(音響機器貸出は別途20,000円)

  

営業スケジュールに関してですが、変動することもあるかと思うので、そこは大目に見てやってください。

 

バー営業ですが、ご要望ありましたら開けさせていただくので、もしご利用したいという方がいましたらご連絡ください。

 

8月からは僕が独立するので、平日の日中は黒門 Culture Factoryにいます。

ぜひ遊びに来てくださいね。いろんな話をしましょう。

 

代表は僕と溝端(ばたやん)ってやつなんですが、こいつがまた面白い。

ぼくはばたやんがいなければ、きっとハッピークラウンに関わっていない。

 

彼の面白さは実際に会ってみないと分からないんだよな。

だから彼の魅力を知りたい人はクロモンにぜひ遊びにきてください。

 

そしてぼくにも会いに来て下さい。

しょうもない話を延々とやりましょう。あなたの面白い話をぜひ聞かせてください。

 

ばたやんがどんなやつかと問われると説明するのがめんどくさいので、少しでも気になった方が入れば、ぜひ紹介記事を読んでください。

 

 

合わせて読みたい

みんながいつも彼の虜になる。君は溝端康祐という男を知っているか??

 

黒門 Culture Factoryはイベント貸しもやってるよ

f:id:no-name-310-007:20180529140649j:plain

 

黒門 Culture Factoryはイベント貸しスペースなので、イベントをやってみたいという方に使ってもらっています。

 

4月のオープン記念として6月まではイベント貸しを破格の値段でやっています。

 

色んな人にその値段で大丈夫なの?って聞かれるのですが、悲しいことに実際は赤字です。

だからブログでスポンサーを募ってるので、誰か助けてください。

 

合わせて読みたい

純広告を売るよ!「Ryotaの教育勅語」でスポンサー様を募集します!

 

■イベント利用
10:00から23:00(完全撤収)
基本飲食持込可
(イベントによっては不可の場合有り)

■利用料金
利用時間制限なし:30000円
3時間利用:1,500円×人数
※集客人数が5名以下の場合7,500円

■特典
・ドリンク飲み放題
・ステージ無料使用可(音響機器貸出は別途20,000円)

 

イベントをやってみたいなという人や、すでにイベントをしているという方はうちを使ってみませんか?

  

もし興味がある方がいましたらこちらにご連絡ください。

 

www.ryota0616.com

 

 

イベントの流れ

f:id:no-name-310-007:20180529133516j:plain

 

ありがたいことに色んな人にイベントを主催してもらってます。

その度に「いい場所だね」なんてことを言ってもらえるので、めちゃくちゃ嬉しい。

 

DJイベントやトークライブ、個展、餃子を作るイベントなど様々なアートやエンタメのイベントが行われています。

 

f:id:no-name-310-007:20180529140811j:plain

日本酒イベント+トークイベント(チャドナイト)

 

f:id:no-name-310-007:20180529140734j:plain

餃子イベントの様子(中国餃子皮から作って食べよう会)

 

f:id:no-name-310-007:20180518151726j:plain

ライブペイント+個展開催

 

他のイベントスペースと差別化を図らなければ生き残ることができないので、色々試行錯誤を繰り返してるんですが難しい。

 

でも色んなことに挑戦できるのはめちゃくちゃ面白い。

 

イベントは当日までが勝負で、当日楽しんでもらえるかは主催者次第。

 

だからこそ当日までのやりとりに力を入れ、集客や企画の提案などをさせてもらっています。

 

イベントの打ち合わせに担当が付き、イベント開催までサポートを行わせてもらっています。

 

集客のサポートやイベントページの作成など様々なサポートをさせて頂いています。

 

色んな不安があると思うのですが、その不安に対して寄り添うやりとりを心掛けているので、安心してください。

 

時には対面でサポートをしたり、無理な場合はオンラインでやりとりすることで、イベントに対する不安感を一緒に解消していけたらいいなと思ってるんですよね。

 

例えば集客に悩んでいる人に、「こんなやり方がありますよ」って伝えることで誰か1人を集客できるかもしれない。

 

ノウハウを貯めていき、その成功事例をお伝えすることで、集客に役立てることができるんじゃないかなと考えています。

 

まだまだ仕組みもできていないのですが、できることは精一杯やりたいと思っています。

 

うちでイベントをやってもらえるのであれば、やりたいことなどを最大限に引き出せたらいいなと思ってやらせてもらってます。

 

イベントスペースは使ってくれる人がお客様なので、お客様に寄り添える環境を提供したい。

 

でもやりすぎると依存になりかねないので、線引きをきちんとしていくつもり。

あくまでサポートをするだけで、行動するかどうかはその人次第。

 

使ってもらえるお客様にいい気持ちで使ってもらえるようにしたいと思ってます。

 

黒門 Culture Factoryの売りは「人」

f:id:no-name-310-007:20180529144317j:plain

 

ありがたいことに黒門 Culture Factoryに関わってくれている人は素敵な人たちばかり。

 

うちには胸を張って自慢できる素敵な人がたくさんいるので、ぜひ遊びに来てほしい。

 

そして関わってくれている人にとって、プラスになる場所でありたい。

お互いにwin-winの関係じゃなければ、ダメだと思っていて、片方が得をする関係は良くない。

 

関わってくれている人が、輝くことができる環境を今後は作っていきます。

問題は全然アイデアが思い浮かばないということなので、誰かアイデアください。

 

黒門 Culture Factoryに関わることで、何かプラスになるものを得られることができてほしい。

 

その辺も内部の仕組み作りがまだ追いついていないので、早急に進めていきますね。

  

毎週月木の21時からはライブ配信

f:id:no-name-310-007:20180529132347j:plain

 

黒門 Culture Factoryは毎週月木の21時からゲストをお招きし、ライブ配信を行なっています。

 

ライブ配信の概要がこちら。

 

ゲストの方をお招きして、その方の知られざる一面や、みなさんにとってハッとするような発見のある楽しい時間をお届けしています。
  
ハッピークラウンがProduceしている、大阪日本橋にある隠れ家bar&イベントスペース「黒門 Culture Factory」の魅力や、いろんなエンターテイナーさん、アーティストさん、その周りにいる素敵な方の紹介をして参ります。

 

様々なジャンルで活躍されている方をお招きして、その人の面白い部分を引き出したいと思って配信を始めました。

 

色んな人が出てくれるので、本当にありがたい。

 

しかも「楽しかった」とか「また出たい」なんて言葉をもらえるので、やってみて良かったなと思っています。

 

ま、ぼくはライブ配信には関わっていないんですけどね。笑

 

代表の溝端とシンガーソングライターの川口裕さんが、めっちゃ頑張ってくれています。

 

ゲストも募集しているので、彼らに美味しく料理されたいという方がいればぜひお声がけ下さいね。 

 

世の中には面白い方がたくさんいるし、そんな方をぼくも知りたいので、我こそはという方はライブ配信に出て下さい!

 

色んな人が作業できるワーキングスペースを作ります

f:id:no-name-310-007:20180529140319j:plain

 

先ほども書きましたが、Wi-Fiが通り次第緩めの作業場としてコワーキングスペースの運営をやりたます。

 

ここに来てパソコンを開いてもらって作業をしてもらってOKです。

 

利用料は500円のドリンク1杯かな。

ここは要相談ですが、なるべく安値で色んな人に使ってもらえたらいいなと思っています。

 

大阪に作業できる場所ってあまりないみたいなので、色んな方が集まれば嬉しいね。

業界問わず色んな人が繋がることができる場所。

 

新しい仕事が生まれてもいいし、困っている人のサポートにお客さん同士が手伝えるなんてのもいいね。

 

『大阪に来たら黒門 Culture Factory!

あそこなら作業しながらお酒を飲めるし、面白い人に出会える』

 

こんなことを思ってもらえるような場所にしていきます。

 

ゆくゆくは「小さな学校」を作る

f:id:no-name-310-007:20180529142814j:plain

 

黒門 Culture Factoryは老若男女問わず、色んな人が遊びに来てくれます。

ぼくの夢に「教育を変える」という夢があるんですね。

 

これは完全なるぼくのわがままなんですが、教員になろうと教員免許も取ったし、ブログも教育メインで運営してるぐらいだから教育に繋げたいんですよ。

 

黒門 Culture Factoryを将来的には「小さな学校」にします。

イメージは色んな職業の人が学生や子どもに話をしてくれるというイメージです。

 

先日Twitterで学生にこんな質問をしてみたんですよ。

 

 

結果は「色んな職種の方の話を聞ける場所が欲しい」という声が多かった。 

学生は何も知らないまま企業に就職し、働くことになりますよね。

 

でも世の中には就職以外にも色んな働き方があって、その働き方を色んな人に知ってもらいたい。

 

知った職業に就くかどうかは当人次第だけど、知っておいて損はないと思っています。

 

自分が興味のある職業、知らなかった職業の楽しさや大変さ、疑問点などって聞く機会がないと思いません? 

 

知ることで働いた時のイメージをしやすくなるし、何よりも自分の視野が広がりますよね。

 

色んな職業の人の話を聞く場所がないなら作ろう。

 

僕は絶対に黒門 Culture Factoryを「小さな学校」にします。

 

おわりに

長々と書いてしまいましたが、最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

 

色んな方が携わってくれている黒門 Culture Factory。

 

携わってくれている方や応援してくれている方のため、自分たちのためにも素敵な場所を作ります。

 

本音言うと苦しくて投げ出したい時もあるし、今現在も分からないことや足りていない部分が多い。

 

でも行動しないことには、何が足りていないのかなんて分からない。

少しづつ改善させていきますね。

 

まだまだ未熟者で至らない部分も多いかと思いますが、徐々に成長していきますので、良かったらこれからも応援してくれたら嬉しいです。

 

ありがとうございました!