Ryotaの教育勅語)

奨学金という制度は本当に糞だと思う。返済方法を真面目に考えてみた。

 人気記事

  【無料】人生を本気で変えたい人へ。たった30分で自分の人生を変えてみませんか?

 【大学生必見】Amazon Studentのメリットとデメリットをまとめてみた

 ネットで10万円を稼ぐ僕が大学生でも簡単に1万円以上お金を稼げる9つの方法を紹介する


f:id:no-name-310-007:20161009030808p:plain

 

どーも、Ryotaです。 (@RyotasannNo) 

 

奨学金制度って本当にありがたい制度なんだけど、学生に対して利子を取るから結構きついというのも事実です。

現に、奨学金の返済で苦しんでいる人はたくさんいます。

 

この記事にたどり着いたあなたは奨学金に苦しんでいるんじゃないでしょうか?

  

僕は奨学金のおかげで大学に行くことができました。

でも卒業と同時に借金を背負うわけなので、マイナスからのスタートなんです。

 

お金がなく返せないなんてこともあるかと思います。

僕も最初の頃はお金がなく、返済をすると生活費がきつくなるという生活を送っていました。

 

返さなくていいと思っている人もいるんだろうけど、辛いとは思いますが、借りたものはきちんと返さなくてはいけません。

 

今では返すことが苦ではなくなっていますが、その方法はお金のことをきちんと学んだからです。

 

奨学金に悩んでいる方向けに、真面目にきちんと返す方法を考えてみたので、参考にしてみてください。

 

p>バンドルガードに登録すれば、手数料800円で満額2万円まで今すぐ借りることができます。

 

2万円を返さないと次に借りることができない仕組みになっているので、返せなくなるという心配がなくなります。

 

借りたものはきちんと返さなければいけないですが、2万円という金額を返すのはさほど難しくありません。

 

本当に今すぐお金が必要という方はバンドルガードを活用するのも1つの手です。

 

 

公式サイトはこちら

バンドルガードに登録する

 

 

 

奨学金制度とは 

奨学金(しょうがくきん)とは、能力のある学生に対して、金銭の給付・貸与を行う制度をいう。奨学金の厳格な定義としては、学業成績等が優秀な学生に修学を促すことを目的とする為、通常返済義務がない給付奨学金(英語: scholarships)をいう[1]。もっとも、このような厳格な定義の下で奨学金事業を運用すると、選抜される給付対象者が著しく少なくなるため、通常は、学生支援の制度趣旨に鑑み、奨学金の定義を無利子ないし低廉な金利を伴う貸与も含めることで、幅広い層が奨学金事業対象とする。

参照元:wikipedia

 

学校に進学したいと望む人に向けて、日本奨学金機構という所が、お金を金利を付けて貸してくれるありがたい制度です。

 

奨学金を借りて学校に行っている学生はかなり多いみたいですね。

 

当たり前ですが、貸してもらう金額が増えれば増えるほど、返すのが困難になります。

 

借金をしてまで大学に行く意味はあるんでしょうか?

400万円という大金を必要があるのかを考えた方が良さそうですね。

 

多額の借金を背負うことになるので、大学に行くメリットとデメリットをきちんと把握してから決めるというのも一つの手です。

 

以下にまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

合わせて読みたい

大学に行く意味ってあるの?大学に行くメリットについて考えてみた

 

奨学金を返済できなず苦しんでいる若者がたくさんいる

世の中には奨学金の返済に苦しんでる人はたくさんいます。

僕自身もその中の1人だったので、かなり辛かった思い出があります。

 

現在362万人借りていて3か月以上の延滞者が17万人もいるらしいです。

17万人ですよ?かなり多くの人が返済に苦しんでるということです。

 

返済できない理由は低賃金、無職など様々。

返済できないと信用機関に登録されブラックリストに載ります。

 

ブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードを作ったり、ローンを組むことができなくなってしまいます。

社会的信用が一切なくなってしまうということなので、きちんと返さなくてはいけませんね。

 

学生時代に返済の手立てをしよう

僕が今学生なら学生時代に返すことを考えますね。

学生時代にお金を稼いで、返す準備をするのが1番賢いやり方です。

 

そうすれば返済に困ることはありません。

収入源を増やすことで、返済を楽にしようという考えです。

 

社会人になってしまうと、残念ながら自由に使うことができる時間が学生よりも少なくなります。

 

学生は時間はたっぷりあるし、体力もあるので、決して不可能ではありません。

 

実は皆知らないだけでお金を稼ぐ方法はたくさんあります。

お金稼ぎの方法はアルバイトだけではないんですよね。

 

僕はブログを始め、今では10万円ほどの収益が毎月入ってきます。

10万円も稼げるようになると生活がかなり楽になりますよ。

 

社会人になってから始めたので、学生時代に始めておけばよかったと本気で後悔しています。

 

ブログ以外でもお金を稼ぐ方法はたくさんありますので、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

 

合わせて読みたい

今すぐお金が欲しい人へ。簡単に1万円以上稼ぐ具体的な方法10選

 

やりたいことが明確なら進学しなくてもいい

自分の中でやりたいことが明確であるなら、奨学金を借りてまで進学する必要はありません。

 

自分のやりたいことを実現するために、お金を投資した方が賢明な判断。

やりたいことを探すために大学に行くのはありです。

 

大学で何もせず借金を背負うぐらいなら、行かない方が自分のためです。

負債を抱えて、しんどい思いをするのが、目に見えていますからね。

 

奨学金を返すために働くって嫌だと思いませんか?

それなら進学せずに就職した方が賢明ですよ。

 

社会人に揉まれた方がお金も稼げるし、成長もできますからね。

自分に不必要な投資はなるべく避けるべきです。

 

これから奨学金を借りようと考えている人はお金の重みをきちんと考えてから進学するようにしましょう。

そして、借りたものはきちんと返しましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

p>バンドルガードに登録すれば、手数料800円で満額2万円まで今すぐ借りることができます。

 

2万円を返さないと次に借りることができない仕組みになっているので、返せなくなるという心配がなくなります。

 

借りたものはきちんと返さなければいけないですが、2万円という金額を返すのはさほど難しくありません。

 

本当に今すぐお金が必要という方はバンドルガードを活用するのも1つの手です。

 

 

公式サイトはこちら

バンドルガードに登録する

 

こちらの記事もよく読まれています!

【無料】人生を本気で変えたい人へ。たった30分で自分の人生を変えてみませんか?

大学生におすすめのお金の節約方法をまとめてみた

収益が10万円を突破したので稼ぐまでにやったことを公開します