Ryotaの教育勅語)

仕事を休みたいならたまにはずる休みしてもいいんじゃない?


 人気記事

 人生を本気で変えたい人へ。自分の強みを知ることで人生を変えませんか??

 【大学生必見】Amazon Studentのメリットとデメリットをまとめてみた

 【無料】より少ない労力でお金を稼ぎたい人が今すぐ読むべき本を紹介


f:id:no-name-310-007:20170207182546j:plain

 

今日は気分が乗らないから仕事を休みたい。 

 

 

こんなこと思うことってありませんか??

 

ある日、僕はたくさんの仕事に押しつぶされそうになっていました。

あまりにも忙しすぎる日常から逃げ出したい。

 

「一度会社をずる休みしたら僕の気分は晴れるのか。」

 

そんなことが僕の頭の中をよぎりました。

 

今だから言えることなのかもしれないけど僕は仕事に行くのが嫌だったのでずる休みをしたことがあります。

 

悪いことをしたなと思う反面僕はずる休みをして良かったなと思いました。

 

 

 

仕事を休みたかったのでずる休みを決行した

日曜日の夜、僕は次の日仕事を休む決意をしました。

 

ずる休みってなんだかわくわくするし、もしばれたらどうしようってびくびくしてしまいますよね。

 

会社にばれたら絶対に怒られるのは確定です。

 

でも、僕の決意は揺るぎませんでした。

 

月曜日の朝、僕は超わくわくしながらしんどそうな自分を装って会社に電話。

 

「えーと、すいません、朝起きて熱計ったら39度あって昨日の夜から何度も戻してて今日はちょっと今日は行けそうにないです。」

 

そう伝えると上司から許可をもらい休みを頂きました。

内心悪いことをしたなと思いつつも電話が終わると声を出してガッツポーズ!!

 

めちゃくちゃ嬉しかった。

特に何をしたいとかなかったんだけど、休みをもらえたということが嬉しすぎてたまらなかったんですよね。

 

そして、一日ずる休みすると心が軽くなっていたので、休んで本当に良かったよ。

 

あなたがずる休みをしたぐらいでは会社は潰れない

ずる休みをすると会社の人に迷惑が当然掛かってしまいます。

 

僕がやるはずだった仕事を誰かがやる羽目になってしまったわけですからね。

 

悪いことをしたなと思いましたが、後悔はしていません。

 

自分の心が折れて仕事に支障をきたすことの方がかえって皆に迷惑を掛けてしまうことが目に見えていました。

 

精神が崩壊する前に、逃げ出すことは、自分を守るためにも、必要なことだと思っています。

 

次の日しれっと会社に行きましたが、何事もなかったかのように仕事が進んでいました。

 

自分一人休んだぐらいじゃ会社は潰れないんだなと思いました。

 

ずる休みをしたことで心の中の何かがスッキリし、再度仕事を頑張ろうと思えたので、ずる休みして本当に良かったと心の底から思っています。

 

仕事を休んではいけないと責任感を感じすぎてまうのが日本人

日本人はいい意味でも悪い意味でも、仕事に対して、責任感を持ちすぎてしまう傾向があると思うんですよね。

 

それはめちゃくちゃ良いことだと思うんですよ。

与えられた仕事を責任感を持ってきちんと終わらせることはとても立派なこと。

 

でも、責任感が強すぎるのか休んではいけないと思い込んでる人があまりにも多い。

 

体と心が健康でなければ仕事はできません。

自分に嘘をついて働いていたとしても、いつか限界がきてしまいます。

 

限界を超えてしまうともう手遅れで、そうなる前にしっかり休んでリフレッシュした方がいい。

 

自分が潰れてしまう前にそこから抜け出すのはありです。

自分のためにも嘘をついてでもずる休みしましょう。

 

会社は潰れた自分の面倒を見てくれない

もしあなたが会社のストレスで追い込まれ、仕事ができないような状態に追い込まれたとしても、会社があなたの面倒を見てくれることはありません。

 

中には会社の人が心配してくれるなんてことはありますが、生活の面倒を見てくれるなんてことはありえないです。

 

会社としての繋がりはあるかもしれないですが、あくまで他人ですからね。

 

潰れてしまった人間の面倒よりも、もっと大切にしなければならないことがたくさんあります。

 

会社の人たちにも守るべきものがあって、それを犠牲にしてまで救おうと考えるお人好しはいない。

 

自分が潰れてしまう前に、仕事をずる休みすることで、今の仕事でいいのか見直す機会にもなるんですよ。

 

もし、「今のままではやばい」と感じたのであれば、それは体が危険信号を発してくれているということに気付いてください。

 

最悪の場合、転職を考えるのも一つの手です。

 

僕はずる休みをすることで、自身と向き合うことができたので、何の後悔もないし、むしろ休んで良かったと心の底から実感しています。

 

一人休んで崩れてしまうような組織はオワコン

仕事に対して責任感を持つのは良いこと。

 

でも、人が一人抜けてしまって組織が回らないようになるならそっちの方が問題ですよね。

 

そういう傾向があるならまずはそっちを改善した方がいい。

 

ある程度補い合うことができるのが組織的に理想な形。

 

一人が抜けても誰かがカバーしてくれる。簡単じゃないけどそういう形を取ることができれば組織は強くなります。

 

精神的に限界が来る前に逃げるのは立派な戦闘手段です。

 

限界がくるその前にあなたも思い切ってずる休みしてみませんか??

 

さいごに

ずる休みをしたところで何にも変わらないと考えている人もいるかと思います。

 

行きたくない会社に行くのははっきり言って時間の無駄。

 

優秀なあなたはそんなことはとっくに気付いているのかもしれないですね。

 

あなたは現在会社を辞めたくても辞めることができないのかもしれません。

その原因の一つは「自分に自信がないから」でしょう。

 

人間には向き不向きが合って、自分に合わないところで働くと精神的に参ってしまい、最終的に潰れてしまうのです。

 

自分の向き不向きを知る方法は自分の強みを知ることです。

人間誰しも強みがあって、あなたは今自分の強みを生かした仕事に出会えていないに過ぎません。

 

自分の強みが何なのか分からないあなたは、自分の強みをきちんと把握することから始めてみましょう。

 

自分で強みが分からない人は他者から教えてもらうのも1つの手。

 

そんなあなたにピッタリなサービスがあってそれは自己診断サービスです。

 

無料で自分の強みを診断してくれるサービスはこちら。

>>人生を本気で変えたい人へ。自分の強みを知ることで人生を変えませんか??

 

会社を辞めることができないという方は、自分の強みを生かして働くことを実践してみてほしい。 

 

あなたの人生が強みを知ることで劇的に変化することを願っています。

 

あなたの貴重な時間を無駄にしないでください。

 

それでは今回はこの辺で。