Ryotaの教育勅語)

SNS疲れは時間の無駄!情報の断捨離を定期的に行うことで悩みを解決しよう


 人気記事

 人生を本気で変えたい人へ。自分の強みを知ることで人生を変えませんか??

 【大学生必見】Amazon Studentのメリットとデメリットをまとめてみた

 【無料】より少ない労力でお金を稼ぎたい人が今すぐ読むべき本を紹介


f:id:no-name-310-007:20170721174943p:plain

 

どーも、Ryotaです。(@RyotasannNo) 

 

僕はつい最近までSNS疲れで悩んでいました。

同じような悩みを抱えた人って実は、多いんじゃないかなって思ってます。

 

僕は現在FacebookやTwitterなど様々なSNSを運用しているので、様々な情報に触れています。 

 

友達や後輩のタイムラインを見ては、一喜一憂してる自分に疲れてしまったんですよね。

 

羨ましい、イライラする、そんな感情をSNSに持つようになり、振り回されていた自分がいました。

 

ふとある時に、大半の投稿は自分に必要のないものだということに気付いたんですよね。

 

もし、今あなたがSNS疲れを起こしているのであれば、その繋がりを思い切って断捨離することを心からおすすめします。

 

SNSを断捨離したことに一切の後悔はないし、むしろスッキリしました。

リア充投稿やネガティブな投稿に振り回されることもなくなったし、有益な情報がたくさん入ってくるようになりました。

 

それでは、今回は自戒の念を込めて書かせてもらいます。

 

 

 

SNSを始めた本来の目的を考え直そう

SNSで疲れる人は、本来の目的を忘れてしまっていると思うんですよね。

 

あなたはなぜSNSを始めたのでしょうか??

 

誰かと繋がるため?

大好きな芸能人の情報をキャッチするため?

それとも自分の感情を吐き出すため??

 

目的は何でもいいんだけど、本来は楽しんだり、有益な情報を取り入れるために始めたはずなんですよね。

 

それが今ではフォロワーが減ったとか、周りがリア充しているのを見て嫉妬したりする人が非常に多い。

 

あなたは周りの情報に振り回されるために、SNSを始めたわけではないですよね??

 

友人のリア充な投稿やどうでもいい情報に感化される自分がいて、それが僕は嫌でたまりませんでした。

 

自分に不必要な情報に振り回されるのは本当に時間の無駄ですし、不必要なエネルギーを消耗してしてしまうため、体力も使ってしまっているので良いことはありません。

 

リア充投稿やネガティブな情報に振り回されるぐらいなら、いっそのこと繋がりを断ち切ってしまおうと考えたわけです。

 

繋がることに疲れたら定期的に断捨離しよう

色んな情報に振り回されて一喜一憂するぐらいなら、その繋がりを思い切って断捨離することをおすすめします。

 

別に全部のSNSの繋がりを消す必要はないと思いますよ。

自分の心が、一番消耗していると思うSNSの繋がりを断捨離すればいいです。

 

僕の場合はTwitterでしたね。

現在も自分に必要ないと感じた投稿をする人との関係性は、定期的に見直すよう心掛けています。

 

別に、SNSの繋がりが全てではないですからね。

それで繋がりがなくなってしまうのであれば、そこまでの関係でしかなかったってことだからね。

 

もう、割り切るしかないんですよ。

ないものはないということを受け入れましょう。

 

その分絶対に良い出会いがあるんだってことを信じるしかありません。

 

もしどこかでご縁があれば、きっとまた巡り合うはずだからその流れに逆らわず、流動的に過ごせばいい。

 

繋がりを消したくないのであればミュート機能を徹底的に使おう

せっかく繋がることができたんだし、その貴重な繋がりを消したくない。

 

こう考える人も少なからずいることでしょう。

自分から繋がりを断ち切ることは、勇気が必要なことです。

 

周りからどう思われるか気になるという方は、思い切ってミュート機能を使いましょう。

 

僕も自分に必要ない投稿ばかりしている人はフォローを外したり、ミュート機能を使っています。

 

ミュート機能を使用すれば、繋がりは消えないので、おすすめですよ。

そして、情報の断捨離にもなりますからね。

 

余白を作ってあげれば、自分が欲しいと思った情報が入ってくる可能性が高くなるというメリットもあります。

 

もし、SNS疲れしているのであれば、思い切って断捨離してみると心が軽くなるのでおすすめです。

 

情報に振り回されることは、非常にエネルギーを消耗してしまいます。

 

そこに時間を費やすのは、非常にもったいないので自分の時間を大切にしましょう。

 

それでは今回はこの辺で。

 

 

www.ryota0616.com