Ryotaの教育勅語)

教員志望だった僕が就活をして新卒で入った会社を2ヶ月で辞めた。


 人気記事

  【無料】人生を本気で変えたい人へ。たった30分で自分の人生を変えてみませんか?

 【大学生必見】Amazon Studentのメリットとデメリットをまとめてみた

 ネットで10万円を稼ぐ僕が大学生でも簡単に1万円以上お金を稼げる9つの方法紹介する


f:id:no-name-310-007:20161111183418j:plain

 

どーも、Ryotaです。(@RyotasannNo) 

 

僕は新卒で入った会社を2か月で辞めました。

実際はアルバイトとして7か月働いていたので9か月ですが、正社員での勤務は2か月で終わりました。

 

入ったら最低3年は頑張れっていう根拠のない話をその当時は信じていたので辞めるのは実に勇気が必要でした。

嫌だったら辞めてもいいんだということに気付けたことはラッキーでした。

 

僕が新卒で入った会社を2か月で辞めた理由を書いていきます。

 

 

 

僕は周りが教員志望だったので人一倍焦っていた

僕は教育学部で先生を志していました。

ある日先生になるのが違うなと思ったので企業に就職することにしたのです。

 

でも、皆教員を目指しているから就職活動の話が大学でできる人がいない。

共に目指す人がいないことはこんなにも寂しいのかって思いました。

 

大学にも就活の情報がなかったので内心かなり焦っていました。

 

僕は3年生の夏休みから就職活動を始めることにしたのです。

 

大学内で誰よりも早く就職活動を始めたそうなのですが、その理由は危機感を持っていたからです。

 

あまりにも情報がなかったので、東京にインターンに行ってみたり、知人の社会人の方に話を聞くなど積極的に動いていました。

 

教員志望で就職活動をする人は大学内にいなかったので、外に出向いて情報を掴みに行く必要があったんですよね。

 

そして10月の半ばに某企業主催の企業説明会で僕が新卒で入社した会社に出会うことに。

 

社長さんの話がとても面白かったのでFBで友達になって頂きました。

話がとても面白く気を惹かれるそんな話し方でした。

 

僕の就職活動はあっさり終わった

12月に就活が解禁されたので、企業のHPで新卒採用の募集が行われているか確認すると就職活動をしているという動きがなかったのです。

 

ふと疑問に思ったので、僕は直接社長に連絡を取りました。

すると、「自分面白いから一回オフィスに遊びにおいで」と言われました。

 

そして実際にオフィスに行かせて頂き、その後も何度か話をさせて頂き内定を頂きました。

 

内定の理由は直接連絡をしたからだそうです。

直接連絡した人は僕だけだったみたい。

 

ただ直接連絡しただけです。それぐらい直接コミュニケーションを図るのことはインパクトがあることだということを頭の片隅に置いておいてもらえると嬉しいな。

 

他にも2,3社内定を頂いてましたが、僕は第一志望の企業に入社を決めました。

 

仕事内容は本当に好きだった

僕が入った部署は営業部署。

人と話すのが好きだったので合っているなと思っていました。

 

実際に新卒1か月で現場に出させてもらい、色々な社長さんと話をすることができたので、色んな知識を得ることができました。

 

他の社長さんから気に入ってもらい「もし今の企業辞めたらうちに来てほしい」なんて言われたことも何回かあって、本当に嬉しかったです。

 

僕が新卒で入社した会社の社長は実はネットワークビジネスの成功者でした。

社員の中にネットワークビジネスをやってる先輩がいて、僕は会社の先輩から勧誘されてしまいました。

 

先輩には社会人のいろはを教えて頂きましたので尊敬していますし、本当に感謝しています。

辞めてからも僕の動向を気にしてくれていたので、本当にいい人だし、人として僕は好きです。

 

僕はネットワークビジネスに変な偏見は抱いていません。

それもビジネスのひとつだし、それで成功するならそれでもいい。

 

ただやる理由がなかったので勧誘されるのが嫌だったんです。

断ることで関係が悪くなったらどうしよう?

 

今後今まで通り働いていけるのかなって思う自分がいました。

 

そして何よりそれが嫌と言えない自分がいました。カッコ悪いですよね。

 

勧誘が嫌で仕方なかったので僕は2か月で辞めてしまうのでした。

 

親にめちゃくちゃ怒られましたが、僕の人生なんだからほっといてよと当時は思っていました。

 

今思えば僕のことを本気で心配してくれていたんですよね。

若かったなと思います。

 

辞めたことで僕の世界が広がった

僕は「嫌なら辞めろよ」って意見に賛成派です。

世の中腐るほど仕事があります。日本で飢え死にすることなんてほぼないんです。

それぐらい僕たちは恵まれています。

 

辞めるという一言を言うのはものすごく勇気が必要でした。

でも僕は勧誘から逃れるために辞めて良かったと思っています。

 

実績がないと次の就職先に困るとか今のスキルじゃやっていけないとか周りに色々言われましたが、あっさり次の就職先が見つかったので、幸いでした。

 

今も会社で働くことができているし、仕事でもそれなりの実績を残せています。

 

そして何より僕の見ている世界が広がりました。

前の会社でずっと働いていればブログをやろうなんて考えなかったかもしれません。

 

今では文章を書くことが僕の仕事になっているので、会社を辞めるという選択は正解でした。

 

これからも会社を辞めたことを後悔しないだろうし、会社を辞めたことを誇りに思うと思っています。

 

あなたもそんな仕事に出会えるといいですね。

 

それでは今回はこの辺で。

 

関連記事

教員採用試験と民間の就職活動の併願はした方がいいのか?

【19卒必見】絶対に登録しておきたいおすすめの就活サイトをまとめてみた

「自己PRが書けない」という就活生のための解決方法