Ryotaの教育勅語)

日本の教育は社会で真面目に働く奴隷を生み出している

f:id:no-name-310-007:20161205171657j:plain

 

どーも、Ryotaです。 (@RyotasannNo) 

 

日本の教育って少し変だと思いませんか??

何も考えずただ就職する人間がかなり多い。

 

「いい大学に行っていい企業に就職する。」

 

この固定概念がまだまだ残っています。

そして、それが安定だと信じて疑わない人間が大多数。

 

今の企業があなたが定年まで生き残っている確率は限りなく低い。

確率論から見るとほぼ0%です。

 

現代の日本では学歴はあった方が絶対いい。それは間違いない。

就職するときに未だに学歴フィルターがあるからね。

 

だから、学歴がなかった僕は高学歴の人間がうらやましかった。

でも、世間を見ると高学歴でも会社の奴隷、すなわち社畜になっている人が多いというのも事実。

 

脱社畜から抜け出すためには、自身で稼ぐスキルを身に付けるしかない。

 

 

 

義務教育で「輪を乱すことは悪」という洗脳が始まる

小、中学校では集団行動を学ぶ。前に習えとか集団行動とかね。

これは明治の富国強兵の時期から変わらない教育方針。

 

なんであんなもんやらないといけないんだと僕は疑問に思っていました。

あれは輪を乱すことが悪いこということを徹底的に教えるんです。

 

だから、皆同じように高校に進学し、当たり前のように大学に行く。

高校を卒業し、そのまま就職する人もいるが、ほとんどの人たちが進学を選ぶ。

 

そして、大学3年生の時に周りと同じように就職活動を始めます。

その他にも選択肢があるにも関わらず、ほとんどの人が就職活動を始めるんですよ。

 

就職活動をすることが普通だと教えられているから。

就職活動をしないと途端に周りから心配されるようになります。

 

僕も就職活動をしない友達のことを心配していた。

 

よく考えるとそんな暇があるなら自分の人生に真剣になった方がいいと思った。

その人が決めたことなのに、なぜか口出ししたくなるのはなんででしょうね。

 

こうやって純粋で真面目な若い子たちは何も知らないまま就職していく。

 

自分の頭で考えることを教えられていないから社会に出て何も考えずただ与えられた仕事をこなすだけの人間。

 

そして会社の給料に依存しないと生きていけない真面目な奴隷の出来上がり。

 

学生時代はテストで決まった答えを導き出せば正解だった。

でも社会に出れば決まった答えはありません。

 

トライ&エラーを繰り返して自分なりの答えを作っていくしかない。

 

でも、トライ&エラーを繰り返しできるほどの環境が日本では少ないというのも事実。

 

日本人は空気を読む天才

義務教育を受けた人間は協調性を求められ、周りと合わせたらそれなりの評価がもらえるようになっています。

 

逆に空気を読まない人間は確実に変人扱い。

 

空気を読むことはそんなに大切なのか??

 

人の顔色を窺って当たり障りのない発言をすることがそんなに凄いことなのか??

それは優しさなんかじゃなくて偽りの優しさにすぎません。

 

本当に相手のことを思っているなら本音を伝えればいい。

 

それが本当の優しさ。

とらえ方は相手次第なのでそれで嫌われるなら仕方ありません。

 

会社の奴隷にならないためにあなたがやるべきこと

会社の奴隷にならないためにあなたがやるべきことは、会社以外で収入源を作ることです。

 

収入源を複数作ることができれば、会社に依存する必要はありません。

収入源を分散することで、今よりより一層仕事に打ち込むこともできますよ。

 

収入源を複数作ることは難しいと思われがちですが、案外誰でもできます。

僕も会社員をやりながら複数の収入源を作ることに成功しました。

 

収入源を分散させてからは嫌な上司がいても、全く気にならないようになりました。

精神的にもかなり強くなったし、仕事も依然と比べるとはるかに生産性が上がりました。

 

副業は今後当たり前になってきます。

当たり前になる前にリスク分散することで会社の奴隷にならないで済む。

 

会社の奴隷にならないよう今からできることをやっていきましょう。

 

合わせて読みたい

今すぐお金が欲しい人へ。簡単に1万円以上稼ぐ具体的な方法10選

 

それでは今回はこの辺で。

 

 情報発信や学校では教えてくれないお金の話などを発信しています。

 

友だち追加