Ryotaの教育勅語)

自分に厳しく。人に優しくは精神的に疲れるからもうやめない?

f:id:no-name-310-007:20161214122610j:plain

どーも、Ryotaです。 (@RyotasannNo) 

 

自分に厳しく人に優しくって疲れませんか??

 

僕は人に優しいかは分からないですが、結構自分に厳しい人間だと思っています。

 

でも、これって精神的に限界が来てしまうときがくるんですよね。

 

 

自分に厳しい人は誰かのミスを全部自分のせいにしてしまう。

部下が仕事でミスしたのはサポートが足らなかった自分の責任。

 

人のせいには決してせず自分のせいにしてしまう。

そうすることで自分を改善することに繋げる。

これは半分正解で半分間違いなんです。

 

これを続けることでストレスが溜まるようになりました。

 

やってみると分かりますがこれめちゃくちゃしんどいんですよ。

 

僕が理想を抱いた「自分に厳しく人に優しく」というスタンスはもう精神的に限界でした。

 

その精神はとても素晴らしいことだと思います。できればかっこいいです。

 

でも、実践するにはあまりにも体力と精神が削られてしまいます。

 

相手が頑張ったことは素直に称賛すべきです。これは絶対変えたくない。

 

そして、部下が手柄を上げれば、必ずその手柄は部下のものにすべきです。

 

自分に甘すぎるのは良くないことだと思います。

 

でもね、相手にも改善点は絶対あるので100%自分が悪いなんてことは絶対ないはずです。

 

そこまで自分を責める必要なんてこれっぽっちもないんです。

 

自分に厳しい人間が本当の意味で人に優しくできるはずがない

自分ばかり責めてしまう人は本当の意味で相手のことを考えれてあげてないと思うんですよね。

 

これって実は、相手のことではなく、自分のことばっかり考えている自己中心的な考えなんだと思うんですよね。

 

相手のことをきちんと考えないということは、相手という存在を無視しているということに変わりありません。

 

相手にも改善点は絶対あるんですよ。それを忘れてはいけない。

 

いいところを褒めてあげるだけでは、相手は成長できないんです。

 

ダメだった部分を、全部自分のせいにして、自分を精神的に追い込むなんて、相手にとっては優しさじゃないですよね。いないことにされたことと同義なんです。

 

その改善点を、一緒に考えてあげた時に、厳しく言ってあげることが、本当の優しさなんだと思うようになりました。

 

相手のことを思いやりたいなら自分にも優しくあれ

もうこれ以上自分を責めることはやめます。

 

世界でたった一人しかいない自分なんだから、もっと優しくしてあげてもいい。

自分が自分をもっと大切にしてあげなくてはいけない。

 

自分にもきちんとできた部分は必ずあったはずです。

 

まずはそれを認めてあげる努力をしよう。

そうすることで、相手のことを本当の意味で思いやることができるから。

 

僕は相手のいいところに目を向けることが重要だと教えられてきたのでそれが重要だと考えていました。

 

それは間違いではないと今でも思っています。そのスタンスは崩さないです。

 

でも自分の欠点ばかりに目を向けるのではなく、いいところを見つける努力をすることも、重要なんだということにやっと気付きました。

 

これからは自分に優しく人に優しくというスタンスでいきたい。

自分に厳しく人に優しくという理想のスタンスはきついので、もうやめることにします。

 

素敵な人間になるために、自分のことも十分に労わってあげようと思います。

 

もっと自分のいいところを見つけてそれを伸ばしていきたい。

 

そうすることで、相手のいいところを今よりもっと見つけてあげられるような気がするから。

 

よし今日も自分のいいところ見つける努力をしよう。

 

それでは今回はこの辺で。