Ryotaの教育勅語)

家庭教師のバイトは大学生におすすめ!メリット、デメリットをまとめてみた


 人気記事

 人生を本気で変えたい人へ。たった30分で人生を変えませんか??

 【大学生必見】Amazon Studentのメリットとデメリットをまとめてみた

 【無料】より少ない労力でお金を稼ぎたい人が今すぐ読むべき本を紹介


家庭教師のアルバイトは大学生にかなり人気があるということを知っていましたか??

 

その理由は家庭教師のアルバイトは、サークルや部活などとは一見違った経験をすることが可能だからです。

 

1対1という責任感がありますが、家庭教師の経験をしておくと社会に出た時に周りと大きな差を付けることが可能なのは間違いありません。

 

今回は大学生に超人気の家庭教師のアルバイトをおすすめする理由と合わせてデメリットについてご紹介させて頂きますね。

 

 

家庭教師のアルバイトをおすすめする理由

f:id:no-name-310-007:20170926010224j:plain

 

それでは早速家庭教師のアルバイトをおすすめする理由を紹介させて頂きます。

 

隙間時間でも気軽に参入しやすいアルバイトなので、忙しい大学生の方はぜひ参考にしてみてください。

 

1.短時間で高時給がもらえる

家庭教師のアルバイトは時給が非常に高いという点が魅力的です。 

 

更に短時間労働も可能なので、忙しい大学生でも、気軽に参入しやすいアルバイトとなっています。

 

僕の友人は家庭教師とは別のアルバイトをやりながら、家庭教師のアルバイトを隙間時間でやっていました。

 

試験前などのイベントは早めに申告すると、シフトの融通も効くみたいなので、大学生にとってはありがたい点ですね。

 

2.高学歴なら高時給がもらえる

低学歴の方に比べると、高学歴の方は時給が高い。

 

派遣会社によっては、学歴別で時給を分けているところもあるので、高学歴の方は少ない時間で高額を稼げるチャンス。

 

勉強を理解しているレベルが高いのだから当たり前のことですね。

 

でも、学歴がない方も安心してください。

 

小学生レベルの算数や国語など、幅広いジャンルの教科を教えるので、学歴がなくても上手に教えている人が何人もいるし、元の時給がそもそも高いというのも事実です。

 

3.教える力が身に着く

家庭教師のアルバイトの一番のメリットは教える力が身に付くこと。

 

教えることは想像しているよりも、非常に難しく、自身が教える内容を理解していなければ、教えることはできません。

 

更に生徒に上手に教えたいのであれば、相手のレベルに合わせて教える必要があります。

 

家庭教師で身に付けた力は社会に出た時にかなり役に立つ。

 

会社で働いていると、人に物事を教える機会が、嫌でもやってくるので、あなたの役に立つことは間違いありません。

 

高いお金を貰いながら教える力を学ぶことができるのは、家庭教師のアルバイトの魅力ですね。

 

4.生徒の成長に間近で携わることができる

家庭教師は生徒の成長を自分の目で見ることができます。

 

最初は全然勉強ができなかった生徒が、家庭教師のおかげで、勉強ができるようになるわけです。

 

生徒の成長ほど嬉しいものはありません。

 

担当していた生徒がテストで良い点数を取れたり、受験で合格するなんて聞くと、自分のことのように嬉しいですよ。

 

5.コミュニケーションスキルが身に付く

家庭教師の仕事は勉強を教えることだけではありません。

 

生徒や親とコミュニケーションを取ることも仕事のひとつです。

 

最初からうまく話せなくても、数を積み重ねていくにつれ、あなたのコミュニケーション能力が上がることは間違いありません。

 

コミュニケーション能力は生きていく上で、必要なものなので、ぜひ身に付けるようにしましょう。

 

家庭教師のアルバイトのデメリット

f:id:no-name-310-007:20170926010408j:plain

 

家庭教師のバイトは良いところも多いですが、当然デメリットもあるので、そちらも合わせてご紹介させて頂きます。

 

1.生徒の欠席で授業がなくなることもある

生徒が体調不良ややむを得ない理由で授業を受けれない場合も時には出てきます。

 

振替授業があればいいんですが、振替授業がなければ、お金を稼ぐことができません。

 

飲食店などのバイトでは、仕事が突然休みになるなんてことはほとんどありませんので、生徒の欠席のリスクを避けたいのであれば、あまり家庭教師のバイトはおすすめできません。

 

でも、隙間時間を有効活用できるということはどう考えてもメリットですね。

 

2.授業以外の事務作業がある

登録先によっては、授業記録などの事務作業を行わなくてはいけないところもあります。

 

更に授業の前に事前にテキストを読み込んだり、勉強をする必要もでてきます。

 

事務作業や授業の準備は残念ながら、給料には反映されません。

 

事務作業があまりにも多い場合はブラックなバイト先の可能性が高いので、別の派遣先に移るというのも視野に入れておくのもありです。

 

最初は授業準備に時間が掛かりますが、慣れてくるとルーティン作業になってくるので、慣れるまでの辛抱ですね。

 

3.長期契約が多い

家庭教師のバイトは、「受験に合格するまで」がゴールの場合が多いため、基本的に長期的な契約が結ばれることが多い。

 

最低でも半年から1年は長期で契約が結ばれることになります。

そのため単発で働きたいと考えている人には向いていません。

 

派遣先によっては家庭教師を辞める前は、「〇カ月前に」という風に具体的に提示してくるところもあるので、注意するようにしましょう。

 

4.長時間シフトに入ることが難しい

時給は非常に高いですが、長時間シフトに入ることが難しいことがデメリット。

長時間働きたいと考えている人にはあまりおすすめできません。

 

ですが、隙間時間でも働くことができるので、掛け持ちとして働く場合は最適。

 

僕の友人は、家庭教師のバイトと別のバイトを掛け持ちし、大金を稼いでいたので、大金を稼ぎたい方は掛け持ちをすることをおすすめします。

 

家庭教師のアルバイトをする上での注意点

f:id:no-name-310-007:20170926010533j:plain

 

家庭教師のバイトをする上での注意点をご紹介させて頂きますので、参考にしてみてください。

 

1.契約方法はアルバイトではなく業務委託が多い

家庭教師の会社はアルバイトとして契約を結ぶのではなく、業務委託として契約を結ぶことになります。

 

そのため労働基準法が適応されない、労災は下りないという点がデメリット。

 

更に、個人に業務を委託しているので、家庭教師を請け負った先で、起きた問題の所在は本人が受け持つことになります。

 

業務委託は好きにやらせてもらえる代わりに、責任を背負わされることになります。

 

ですので、契約書に書いてあることで疑問に思ったことは、必ず会社に問い合わせが必須。

 

違約金や損害賠償金、勤務先でのトラブルについての確認は絶対に怠らないようにしてください。

 

2.生徒と恋愛関係にはなるのはご法度

派遣先の契約書に必ず記載されていると思いますが、生徒のプライバシーに踏み込むようなことはしてはいけません。

 

ましてや恋愛に発展するなんて絶対にご法度。

 

万が一生徒から好かれてしまった場合は、派遣会社に相談するか、親に相談するようにし、自分一人で解決しないようにしましょう。

 

もしくは最初から異性の生徒を受け持つことをやめましょう。

同性の生徒を受け持てば、恋愛関係に発展することがないですからね。。

 

未経験で家庭教師のアルバイトを始めた人の体験談 

実際に未経験から家庭教師のアルバイトを始めたゆずっこさんに家庭教師のアルバイトの体験談をインタビューさせて頂いたので、これから家庭教師を始めようと考えてる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

どうやって家庭教師を始めましたか?

mixiで「家庭教師まんてん」というコミュニティを見つけ応募しました。この会社は家庭教師と家庭をつなぐ仲介業者です。面接→採用という軽い流れでした。自転車で行けるお宅の小学3年生の子どもを紹介されました。90分3000円でした。

やりがいはどういった時に感じましたか?

文章が苦手な子だったので毎回手紙交換をしていました。嬉しいことを書いてくれたときは行ってよかったなと思いました。

分からない問題を聞かれた場合はどうしていましたか?

小学3、4年生でしたので大丈夫でした。 わたしは数学が苦手なので、「デシリットル」等の単位が出てくると何やったかな・・と考えることがありました。

どういったことに苦労しましたか?

文章を書くことやお宅に行ってもいないときがあったことですね。 勉強よりも遊ぶほうが楽しいので、約束の日にいっても家にいないことが何度かありました。その時は仲介業者に言って注意してもらいました。 。

授業はどのように進めましたか?

1回90分の授業でした。マニュアルが何もなかったため、学校の宿題を見たり、こちらで問題集を買って印刷したり、その場で問題を手作りしていました。

 

家庭教師のアルバイトの探し方

f:id:no-name-310-007:20170926011303j:plain

 

家庭教師のアルバイトをこれから探そうと考えている人は、こちらを参考にしてみてください。

 

1.大学内の掲示板で探してみる

大学の近くで家庭教師をしたいとお考えの方は、大学の掲示板で家庭教師の求人がないかどうかを確認してみましょう。

 

掲示板には求める人材や時給などが張り出されていることが多いです。

 

高学歴の方は、求人サイトよりも時給が高い可能性が高いので、ぜひ学内の掲示板を見てみましょう。

 

もしくは大学の学生課に直接聞いてみるというのも1つの手です。

 

2.アルバイトサイトに登録して探す

大学内の掲示板に求人情報がない場合は、アルバイトサイトに登録して探してみてください。

 

家庭教師のアルバイトの求人をネットで探すのであれば、【アルバイトEX】 がおすすめ。

国内の大手アルバイト求人サイトのお仕事情報から一括検索、一括検索が可能。

 

家庭教師の求人はもちろん、様々なアルバイト情報が記載されているので、様々な情報が網羅されています。

 

今なら期間限定で、アルバイトが決まれば、お祝いとして祝い金3万円をもらうことが可能なので、アルバイトを決めてぜひ祝い金をゲットしましょう。

 

 

家庭教師のアルバイトはこんな人におすすめ

  • 短い時間で大きく稼ぎたい
  • 人に教える力を向上させたい
  • コミュニケーション能力を向上させたい
  • 掛け持ちのバイトを探している

 

教員免許を持っている僕からすると、家庭教師のアルバイトは人に教える力を身に付けるために最適のお仕事なので、教員を目指している人は絶対に経験しておいた方が良いですね。

 

時給も高いし、教える勉強もできるので、メリットばかりですね。

先生を目指していない方も、もちろんメリットがたくさんあります。

 

社会に出ると勤務先で必ず後輩ができるので、人に何かを教える体験を避けて通ることはできません。

 

その練習をお金を貰ってできるというわけなので、家庭教師のアルバイトは全ての大学生におすすめです。

 

まとめ

家庭教師のアルバイトはかなり学ぶことも多いし、部活動やサークルなどで時間がなくて忙しい大学生でも簡単にシフトを組むことができるので、かなりおすすめです。

 

高時給なので、他のアルバイトと掛け持ちしながら家庭教師をやるのもいいですね。

短い時間でお金を稼ぐことができるので、そのお金を自分のために使いましょう。

 

合わせて読みたい

大学生でもできるおすすめの自己投資を5つ紹介する

 

家庭教師は他の仕事と違って責任が重い仕事ですが、その分生徒の成績が上がったり、志望校に無事合格したりすると、感謝されたりもする普通では味わえないお仕事です。

 

学生時代にしか味わえない体験をぜひ家庭教師で味わってみてください。

 

 

それでは今回はこの辺で。

 

 

大学生のお悩み相談や働き方などをこちらで発信しているので、興味ある方は無料なのでぜひ登録してみてください。

 

友だち追加