Ryotaの教育勅語)

障がい者を差別している話を聞いて怒りを通り越して心が痛くなった


 人気記事

 人生を本気で変えたい人へ。自分の強みを知ることで人生を変えませんか??

 【大学生必見】Amazon Studentのメリットとデメリットをまとめてみた

 【無料】より少ない労力でお金を稼ぎたい人が今すぐ読むべき本を紹介


f:id:no-name-310-007:20170224161556j:plain

 

どーも、Ryotaです。(@RyotasannNo) 

 

相模原で施設の人たちが大量殺人されたニュースを覚えていますか??

news.biglobe.ne.jp

 

ある日突然僕が働いているお店でおじさんからその件について意見を聞かせて欲しいと言われました。

 

質問内容は犯人がしたことは本当に悪いことなのか??

僕は殺人はいかなる理由であっても認められていないので悪だと考えていると伝えました。

 

その返答があまりにも悲しい発言だったので今回はその時の話をします。

 

 

 

障がい者は生まれた瞬間から人間ではなくただの生き物

・あの犯人は本当に悪いことをしたのか?

・人間ではない障がい者をあれだけ殺めたのは国的には良かったんじゃないの?

 

いきなりこんな質問をされました。

正直何言ってんだ?って思いました。

そんな発言をさらりとしていたので僕は怖かったです。

 

僕には小学校から高校まで共に過ごした障害を持った友達がいます。

 

彼は皆から人気者でいつも明るく素敵な友達でした。

現在もきちんと仕事をしており、たまに地元で見掛けたら話をします。

 

そんな素敵な友達がいたので僕は障害を持ったからと言って人間ではないと言われたのがかなりショックでした。

 

そんな発言をする大人がいるなんて信じたくなかった。

怒りを通り越して悲しかった。

 

他にも障害を持ちながらきちんと仕事をしている人を僕は何人も見てきています。

そして彼らの方が必死で仕事をしてくれるので仕事ができない人よりいい仕事をしてくれます。だから僕は本当に助かっています。

障害を持ったからという理由で卑劣な仕打ちを受けていた人もいました。

 

僕は障がい者も好きで障害を持って産まれたわけではないので僕たちと同じ人間だと思っています。

仕事を責任感をもってきちんと最後までやってくれるので尊敬しています。

そもそもの話、僕は彼らが人間ではないという思考になったことがない。

通常ならそんな考えにはならないはずです。

 

彼らは生きているだけで国や人に迷惑を掛けている

障がい者は生きているだけで国に迷惑を掛けている。

その浮いたお金を使えば自分たちの暮らしはもっと良くなるはず。

自分たちが必死で汗水たらして稼いだお金で彼らの生活をまかなっていると言っていました。

 

死んでもいい人なんていない。

誰もが何かの役割を果たすために生まれてきているんですよ。

 

そもそもお金が浮いたからといって僕たちの生活が豊かになる保証なんてない。
我が身は自分で守るべきです。

 

お金の話をするなら生活保護も僕たちの税金で支払われていますよね。

その人たちも死ぬべきだということなのか?ありえないよ。

 

生きていれば誰かに迷惑を掛けるのは当たり前のこと。

僕たちも日々人に迷惑を掛けながら暮らしている。

例外なくあなたも誰かに迷惑を掛けてきたからここまで成長できたんです。

そんなことも分からないからこんな発言を簡単にできちゃうのかな??

悲しいよ。

 

人に迷惑を掛けるのは仕方ないからそれをどれだけ許し合うことができるかが重要なんじゃないかな。

 

本当に必要なことは彼らがきちんと社会で活躍する場を作ってあげることなんじゃないかな。

 

こんな考えの大人がいるということが本当に悲しかった。

このおじさんの意見に僕は大反対です。

批判したら口論になってややこしいと思ったので僕はそのおじさんの意見をただただ聞いていました。

 

この差別と思える発言を平気で軽々しくできるその神経を僕は疑った。

そして怒りを通り越して悲しくて心が痛かった。 

 

それと同時に同じことを考えている人が他にもいるかもしれないということを考えるとゾッとした。

障害を持っているという理由で差別をする人はたくさんいます。

 

それが僕は悲しい。

彼らも僕たちと変わらない人間です。

 

ただ少しハンディキャップを持っているだけです。

本当にただそれだけなんですよ。

 

障害があるという理由で見下したり差別するっていうのはありえないし許せない。

平気で人を傷つけるような発言をする人は本当に大切なものが見えちゃいない。

 

そんな悲しい人間には僕はなりたくないと思った。

 

それでは今回はこの辺で。