Ryotaの教育勅語)

友達は数じゃなくて深さの方が大事だよ。


 人気記事

 人生を本気で変えたい人へ。自分の強みを知ることで人生を変えませんか??

 【大学生必見】Amazon Studentのメリットとデメリットをまとめてみた

 【無料】より少ない労力でお金を稼ぎたい人が今すぐ読むべき本を紹介


f:id:no-name-310-007:20170331085459j:image

 

どーも、Ryotaです。 (@RyotasannNo) 

 

先日中学校から友達で今も定期的に集まっているメンバーと集まりました。

 

皆各々頑張って本当に凄い。

僕も負けてられません。

 

僕は無駄に群れることが苦手なんですよね。

めんどくさいんですよね。だから一線引いてしまうことが多い。

 

僕はきっとそこまで友達が多くない。

 

「友達は多い方がいい」って学生時代よく言われたけど僕はそんな風には思いませんでした。

 

学生生活で出会った友達は、卒業した途端ばったり会わなくなる人が結構多いですよね。

 

それって所詮上辺の付き合いだったってことじゃないですか。

 

今となっては正直頭にすら浮かんでこない人たちが多数いるのも事実です。

 

たまたま同じ学校に通っただけで同じ授業を受けていたってだけなんですよね。

 

そんな中で今でも関わりのある人達が、本当の友達なんじゃないかなって僕は思っています。

 

 

友達とは

 

友情で結ばれた「友達」は互いの価値を認め合い、相手のために出来ることをしようとする。友情は、互いの好感、信頼、価値評価に基づいて成り立っているものである。一般には友達の中でも特に親しい人間であり、自分を犠牲にできるかで友情の有無を量れるものである。

「友情」という概念は、通例、近親者ではない人間同士のものを指して言う。しかし、今日では逆に家族に対してこれを使う例も出てきた。家族は永続的な関係で情緒的なものも多分に含まれるが、実際は結婚相手を除けば、あとは血縁関係であり、自由な意志により選択されたものではない。動物たちが互いに惹かれ合う場合には、動物の友情という別項目で語られることにする。

派生的な意味合いでは友情は、民族同士や国家同士のような政治的な関係についても、良い意味で、しばし外交関係的なニュアンスで用いられることもある。たとえば、日本と中国の友情的な関係、ドイツ・フランスの友好といった例がある。参照元:Wikipedia

 

友達の定義は自己犠牲を省みず、その人のために行動してあげれるかってことですね。

 

あなたにはそんな友達はいますか??

もしいるのであればめちゃくちゃ幸運ですよ。

 

友達は数じゃなくて深さの方が大切

数いればいいってもんじゃないでしょ。友達って。

 

友達がたくさんいるとアピールする人がいますがそれって本当の意味での友達なのかなって疑問に思うんですよ。

 

その友達はあなたが悩んでいるときに助けてくれるのかな??

 

本音でぶつかってくれるかな??

 

本当の友達は数が多けりゃいいってもんではない。

 

あなたが本気で悩んでいるときに助けてくれる人や本音をぶつけられる友達がいれば、嬉しい。

 

自分のことのように悩みを一緒に考えてくれて損得とか一切考えず、一緒にいてくれる人が何人かいてくれたら僕はそれで幸せなんです。

 

そんな友達が僕にはいるから頑張れてるんだろうなぁ。そんな気がするんですよ。

 

多くを求めすぎると何も得られなくなるからね。

 

あなたには心の底から信頼できる友達はいますか??

 

多分100人いる人なんてそうそういないでしょう。

100人もいたとしたら本当に凄い。

 

思い浮かんだ友達のことを大切にしてあげてください。

 

僕も自分に関わってくれる友達を改めて大切にしようと思いました。

 

自分に対して本音で関わってくれる人の存在は本当に大きい。

 

友達は数じゃなくて深さの方が大切。

本音でぶつかることができる友達と出会えたらめちゃくちゃ幸運です。

 

そんな友達をぜひとも見つけてほしいです。

 

 

それでは今回はこの辺で。