Ryotaの教育勅語)

大学がつまらないと思った時にあなたが今すぐにやるべきこと


 人気記事

 人生を本気で変えたい人へ。自分の強みを知ることで人生を変えませんか??

 【大学生必見】Amazon Studentのメリットとデメリットをまとめてみた

 【無料】より少ない労力でお金を稼ぎたい人が今すぐ読むべき本を紹介


f:id:no-name-310-007:20170429224400j:plain

どーも、Ryotaです。(@RyotasannNo)

 

あなたは充実した大学生活を送ることができていますか??

 

大学がつまらないと言っている人が最近多いんですよね。

僕も3年生ぐらいまで、本当に行っている意味を見出すことができなかったので、苦しかったです。

 

高い授業料を払っているし、どうせなら楽しく大学生活を過ごしたいと思っている方は多いんじゃないでしょうか?

 

そこで今回は、大学がつまらないと感じている人が、どうすれば楽しく感じることができるかを、実体験を踏まえて紹介していきます。

 

 

 

なぜ大学がつまらないのかを考えよう

まずは、なぜ大学がつまらないかという核心に触れておく必要があります。

 

そこが漠然としたままでは、何がつまらないのかという問題を根本から解決することができません。

 

問題を根本から解決しなければ、またつまらない大学生活に戻ってしまうだけなので、まずは原因を突き止めることから始めてみましょう。

 

僕も3年生になるまで大学に行くのが本当に嫌でした。

 

周りは楽しそうに過ごしているのに、自分はなぜ大学に来ているのかが分からなかったというのが本音。

 

授業がつまらない

まず授業がつまらない。

 

僕は教員になるために教育学部のある大学に進学。

 

でも、入学式の当日に教員になるという夢を僕は諦めました。

 

当然、教員になるためのお勉強をするわけです。

でも、教員になることを考えていない僕にとっては何の興味もない分野。

つまらないと感じるのも無理はありません。

 

学校に行くのもめんどくさいし、何より興味がない授業を受けることが、苦痛で仕方ありませんでした。

 

教員の話もつまらないし、90分という時間があまりにも長く感じたので、僕は授業の大半を寝て過ごしていました。

 

とはいえ、卒業するためには、必修の授業は受けなくてはいけない。

 

当時はつまらない大学に嫌々行っていました。

 

休みがギリギリになるまで、授業を休んでたし、友達にお願いして授業に出席してもらってたことも何度もあります。

 

本当に行くことが嫌で嫌で仕方なかったんですよね。

 

このまま単位を落としてしまおうか、もう大学をやめた方がいいのかなと何度も悩みました。

 

それでも、自分が興味ある授業ならすっと学校に行くことができていたんですよね。

 

興味があると体が自然と動くんですよね。本当に不思議。

 

あなたもつまらない授業を取って嫌気が差して、授業を受けず単位を捨てようか迷ったことはないですか??

 

サークルがつまらない

僕の大学にはサークルがありませんでした。

でも、ほとんどの大学にはサークルが存在します。

 

「サークルがつまらない」と言っている友人が多数います。

 

その理由のほとんどが共通した理由でした。

 

「人が多いため存在意義を感じれなくなった。」

 

「無駄に飲み会が多く、人数さえいれば誰でもいい感じが否めない。」

 

確かに人が多く存在すると、除け者にされる人は出てくることが多い。

 

飲み会も数合わせで呼ばれるのであれば、行く意味がないと感じてしまうのも無理はありません。

 

気の合う友達がいない

僕の周りは教員を目指している人ばかり。

 

僕は一般企業に就職して、将来的には起業したいと考えていました。

 

一般企業に就職を考えている人や起業を視野に入れている人なんていなかったんです。

 

教員を目指すために入学したんだから当たり前の話。

 

教室で飛び交う会話は学校ボランティアの話や教員採用試験の話ばかりでした。

 

目指している分野が全然違うから、話が合わないのは、当たり前のこと。

 

僕が3年生になると各都道府県別に教員採用試験対策のグループが学内で設けられていました。

 

もちろん教員を目指していない僕には関係のない話。

 

周りはどんどん仲良くなっていくのに、僕は大学内で友達が増えない。

 

なんだか除け者にされたような気がして非常につまらなかった。

 

将来に漠然とした不安を感じていた

何度も言いますが、僕は教員になるために大学に入学。

 

大学入試の際には、かなり勉強に時間を費やしたので、偏差値もかなり上がりました。

 

僕の偏差値を考えれば、もっと上の大学を目指すことは十分可能なレベル。

 

僕の通っていた大学は教員採用試験の合格率が府内1,2位を争うという名門大学です。

 

教員になるためのサポートが充実していることで有名。

 

就職をするのであれば、もっと偏差値の高いところに入学しとけばよかったと本気で後悔しました。

 

大学に行っている意味も見出せないし、本当に不安しかなかったので苦しい思いをすることもしばしば。

 

自分がこれからどうなるかなんて分からないし、漠然とした不安に押し潰されそうになっていました。

 

どうすれば充実した大学生活を送ることができるのか

折角大学にまで行ってつまらないまま4年間を過ごすのは非常にもったいない。

 

社会に出るための準備をできるだけしておいた方が良い。 

 

でも、どうしたらいいのか分からない状態では、前に進むことはできないですよね。

 

その問題を解決すれば、大学生活ががらんと変わり、充実した生活を送ることができます。

  

僕が充実した大学生活を送るためにやったことを紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

1.主体性を持つ

大学生活は自分で主体性を持って行動しないと本当につまらない。

 

高校みたいにクラスもないし、学内行事もほとんどありません。

 

自分から主体性を持って行動しなければ、大学では道を切り開くことはできない。

 

受動的でいいなんていう甘えは即刻捨て去りましょう。

 

誰かに決められたことをするって本当につまらないと思いませんか??

 

遊びに行くのだって自分で場所を決めることができるから楽しい。

 

もし、自分が行きたくないところに行くことになれば、楽しむことはできませんよね。

 

やらされている状態では心の底から楽しむことはできません。

 

自分で決めて率先して行動するからこそ学びを得ることができます。

 

そして、自分で決めると楽しくもできます。

 

これは仕事でも同じことが言えるんですよね。

 

会社の仕事をどれだけ主体性を持って取り組めるかどうかで、成果も学びも大きく変わります。

 

要は自分次第。

 

主体性を持って行動するか。受動的に行動するかを決めるのはあなた自身。

 

是非とも自分の人生を主体的になって生きてほしいものです。

 

2.どんなライフスタイルを送りたいか考える

大学を卒業すると残念ですが、レールに敷かれた人生はもう終わり。

 

卒業後の人生は自分で考えて行動しなければいけません。

 

周りの人は助けてくれるかもしれませんが、あなたの人生なので、最終的な責任はあなたが背負うことになります。

 

自分の理想のライフスタイルを送るために、具体的に自分がどうなりたいのかを考える機会を自分で作りましょう。

 

そして、そのライフスタイルを実現できる準備を大学時代にしておきましょう。

 

その際に、気を付けておきたいことは制限を設けないこと。

 

「自分の可能性に制限を設ける」と自分ができることしか選ぶことができません。

 

もし悩むのであれば、自分の長所と短所をはっきりさせてから理想のライフスタイルを考えるのも1つの手です。

 

僕も自分の長所を把握してから、その長所をどう活かすかとということに焦点を合わせて行動していました。

 

そして、現在ではブログで収益を出したり、講演のお仕事をもらったりと自分の好きなことばかりやって暮らすことに成功しました。 

 

長所が分かれば、自分が向いているものが分かります。

 

短所は諦めて捨てて、自分の長所を伸ばせばいい。

 

自分の長所だけは``絶対に‘‘知っておいてください。

 

自分の強みを活かすことで、時間を無駄にせず。自分が向いているものだけに時間を使うことができます。

 

僕はグッドポイント診断というもので自分の強みを発見することができました。

 

リクナビが提供していて無料で自分の強みを診断してくれるサービス。

 

無料で8568通りの中から自分の強みを診断してくれるというサービスです。

 

無料にしてはなかなかクオリティの高いサービスなので、ぜひ活用してみて下さい。

 

 

合わせて読みたい!

【無料診断】毎日に嫌気が差している人へ。自分の強みをきちんと知ることで人生を変えませんか??

 

 

3.本を大量に読んでみる

社会に出た時に本を読んでいれば、周りと圧倒的な差を付けることができます。

 

仕事で壁にぶち当たった時に、解決してくれるのは知識だといってとも過言ではない。

 

当然ですが、知らないものを解決することはできません。

 

本を読んでいれば、その知識を事前に予習することができます。

 

「あ、これ本で読んだことがある状況だ!」

 

こう感じることができれば、先人の知恵を借りて簡単に乗り越えることができます。

 

僕は社会に出る前から読書をしていたので、周りの新卒よりも仕事を覚えるのが圧倒的に早かった。

 

事前に本を読んで、知識を得ていたので、実践で活かすことができたんですよね。

 

どんなジャンルでもいいので、まずは読み漁ってみること。

 

それが必ずあなたの力になることは間違いありません。

 

大学生ならAmazon Studentというサービスに登録しておくべきでしょう。

毎月kindle本1冊無料、映画見放題、音楽聞き放題で年会費1900円なので、恐るべきサービスです。

 

 

Amazon Studentの他のサービスについてもまとめてあるので、参考にしてみて下さい。

 

 

合わせて読みたい!

【無料体験あり】Amazon Studentは卒業後も継続される!メリットとデメリットまとめてみた

 

 

4.自分の殻を破ってみる

f:id:no-name-310-007:20170419162859j:plain

 

僕は大学生の頃、「自分の殻を破りたい!」と思っていました。

 

そこでホリエモンの「ゼロ」を読んで、ヒッチハイクをしたいと思ったんですよね。

 

最初は自分にはできないと思っていました。

 

一度決めたことを曲げることが僕は大嫌いなので、Facebookで友人にヒッチハイクをすることを宣言しました。

 

 

合わせて読みたい!

【初心者必見】ヒッチハイク経験者が語る失敗しないために気を付けたいこと

 

これで僕の逃げ場がなくなりました。

 

やるしかない状況に自らを追い込み、長期休みを使って僕はヒッチハイクを実行。

 

結果ヒッチハイクを成功することができました。

 

「できないと決めているのは自分自身。やってみないとできるかどうかなんて分からない。」

 

できない理由を見つけて諦めてしまうことは非常に簡単です。

 

それでは一歩も前に進むことができません。

 

やりたいことができた時、できるかどうかなんてやってみないと分からない。

 

やってできなければ、諦めることができるかもしれませんが、やらずに終えると後悔しか残らないんですよね。

 

そうではなくて、「どうやったらできるのか」ということを考えるのがベスト。

 

やったことないことに挑戦することは確かに怖いし、非常に頭を使います。

 

それを乗り越えれば、凄い経験と力を得ることができるので、思い切って色んなことに挑戦してみて下さい。

 

大学時代に挑戦したことは、社会人になってから役に立つことが多いので、ぜひ自分の殻を破る体験をしてみましょう。

 

環境を思い切って変えてみる

今の環境が駄目なら思い切って環境を変えることも必要。

 

大学にしか居場所がないと思っているのは大きな間違いです。

 

本来人間は自由な生き物。

 

自分で自由に環境を選ぶこともできます。

 

もし、あなたが起業を考えているなら起業家に会いに行けばいい。

 

学生に経歴はありません。

 

でも自分で会いに来るという勇気ある行動に大人たちは惹かれます。

 

馬の合わない人と過ごすよりも、自分がしたいことをやっている人と過ごした方があなたが、理想のライフスタイルを実現しやすい。

 

いい関係性を築くことができれば、あなたが辛い思いをしている際に親身に相談に乗ってくれることもあるし、あなたの味方になってくれます。

 

会いたい人がいるのであれば、自分から積極的に会いに行きましょう。

 

まとめ

大学生活が楽しいか、つまらないかどうかは最終的にはあなた次第。

 

主体的に動けば楽しくなるし、何も行動を起こさなければ、本当につまらない4年間を過ごすことになってしまいます。

 

もし、あなたが今の状況を変えたい!って本気で思うのであれば、取るべき行動を理解しているはず。

 

貴重な4年間をどう過ごすかはあなた次第。

 

大学で学んだことは、社会に出た時に大きく活かすことが可能。

 

動き出すなら今です。

 

「大学時代を楽しく過ごせて本当に良かった」

 

そう思えるような大学生活になることを祈っています。

 

最後に。

 

僕が大学生の頃にやってよかったこととやっておけばよかったことを記事にしてまとめています。

 

僕が社会人になって、実際に会社で働いてみて、役立ったことや身に付けておきたかったことを紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

合わせて読みたい!

大学生必見!大学生活で後悔しないために在学中にやるべきこと10選

 

 

それでは今回はこの辺で。