Ryotaの教育勅語)

現代の日本の若者は日本一かっこいい男 白洲次郎から生き方を学べ!!

f:id:no-name-310-007:20161116041015j:plain

参照元::http://mbp-osaka.com/golfmanners/column/23851/

 

どーも、Ryotaです。(@RyotasannNo) 

 

皆さん白洲次郎という人物をご存知ですか??

歴史の教科書には出てきませんが吉田茂の片腕として戦後GHQと戦った日本人です。

超身長で容姿は端麗。生き方もかっこいい。非の打ち所がないとはこのことですね。

彼は僕が一番かっこいいと思う日本人です。

 

今回は彼の名言と生き方を紹介していきます。

 

 

白洲次郎がかっこいいと言われている理由

彼はGHQの人間から皮肉を込めて「従順ならざる唯一の日本人」と評価されています。

戦争で負けた国だからこそ彼は自分の軸を貫き通しました。支配者に従順にならず日本人としての気概を見せた男が彼なんです。

 

会社で上司に向かって「NO」と言える人間って少ないですよね。

彼は支配国のアメリカに対し「NO」と言い続けた人間です。

国が相手だからスケールが違いすぎます。自分の信条を貫き通したんです。

かっこよすぎますね。

 

それでは僕が好きな彼の名言を紹介していきます。

 

「ブレない人間は格好いい。そのためには自分の生き方の「軸」を持っていないといけない。」

彼は「プリンシプル」という信条を生涯貫き通しました。

「プリンシプル」とは日本語で原理、原則という意味です。

日本語では「筋を通す」という意味に近いですね。

 

筋を通さない人間は本当にダサい。

一体誰の人生生きてんだよって思ってしまう。

彼は生涯にわたって筋を通し続けた人間です。

だからこそかっこいいと今でも語り継がれているのかもしれないですね。

 

自分の軸をきちんと持ちそれを生涯貫き通す。

簡単に見えて本当に難しい。

そもそも自分の軸を持っている人がどれくらいいるんだろうか。

まずは自分の軸をきちんと持つことが一番ですね。

 

人に好かれようと思って仕事をするな。むしろ半分の人間に嫌われるようじゃないとちゃんとした仕事はできないぞ。

上司に好かれようと仕事をしている人間は多いですよね。

出世したければ気に入られるのが一番なんだけどそんな正当評価ができない会社で媚びを売ったところであまり身にならないと思うんだけどね。

そしてそれが本当に自分の為になっていることなんだろうか。

きっと違う。人の顔色を窺い続けたその先にあるものに自分が納得いくものは作れないと思っています。

 

万人受けなんて諦めて自分が納得いくものを作ればいい。

そんな仕事ができれば最高ですね。

僕はそんな仕事生み出していきたいって思います。

 

今の日本の若い人に、一番足りないのは勇気だ。「そういう事を言ったら損する」って事ばかり考えている。

これは現在の日本人にもいえると思います。

勇気を持つ日本人は実に少ない。勇気をもっと持つべきです。

片方の足を踏み出すことができればもう片方の足は勝手に動きます。

あなたも勇気を持って一歩踏み出してみませんか??

 

後者の言葉ですが物事を判断する際に損得勘定よりも「自分の軸」がぶれていないかどうかを大切にしてほしいと心から思います。

損をすると考え自分を押し殺して動いてもろくなことはありませんからね。

 

葬式無用。戒名不用

f:id:no-name-310-007:20161116031127j:plain

 

これは彼が遺言として残した言葉です。たったの二行です。

残すことはこれ以上ないということでしょうか。

死ぬ間際までかっこよすぎですね。

 

日本の若者は彼の生き方を知った方が良い。

そしてこれ程までにかっこいい男性が日本にいたということをいつまでも忘れないでいてほしい。