Ryotaの教育勅語)

18歳、大学中退、そして起業。僕が考えたこと。


 人気記事

 人生を本気で変えたい人へ。自分の強みを知ることで人生を変えませんか??

 【大学生必見】Amazon Studentのメリットとデメリットをまとめてみた

 【無料】より少ない労力でお金を稼ぎたい人が今すぐ読むべき本を紹介


f:id:no-name-310-007:20160923075410j:plain

どーも、Ryotaです。 (@RyotasannNo) 

 

18歳の大学生が大学を中退し、起業することが世間で

賑わってますね。

www.ishidanohanashi.com

そりゃ18歳で起業なんて話あまり聞かないですもんね。

 

そもそもサラリーマンが大半の世の中だし、

起業なんて考えもしない人が多いので

18歳が起業するなんてやべぇと敏感になるのもうなづけます。

 

僕は18歳の頃に起業するなんて微塵も思ってなかったので

そもそも発想がすげぇなと思いました。

 

そんな彼に対し、批判が8割で応援が2割らしいですが

今回は僕なりに考えたことを書いていきます。

 

 

批判された理由としてタイトルが煽りすぎてる

レールに乗ったつまらない人生はもう嫌だってタイトル。

これは批判の対象になりやすいと思う。

 

レールに乗った人生を送っている人が多いからだ。

ていうか全部誰かの二番煎じなわけでレールを外れると

別の起業するというレールにまた乗ってしまうわけなので

レールからは生きている以上抜け出せません。

 

そんなことは彼もわかっていると思うし、

どうだっていいことだと思う。

 

一般的なレールを歩む人生をつまらないと言い切ってしまっている。

ここに批判の的が集まるのだと思う。

 

僕から言わせてもらえれば

はっきり言ってつまらないか面白いかなんて自分で

決めることだからどの人生を歩んだとしても

自分なりに楽しめることができたなら人生勝ちだと思う。

 

起業して成功したって自分の時間がなければ

幸福感は味わえない。

 

 

何のためにという目的を忘れないようにしてほしい。

 

そもそも退学する必要はあったのか

一般的な考えでは、起業するにしても大学生しながら

学生起業家として動けばいいじゃんって意見が多いと思う。

 

確かにそうですよね。

もし失敗したら学生に戻ればいいですもんね。

 

彼の話を聞いていないので真偽は分からないですが

恐らく逃げ場をなくしたんではないのかなと思う。

 

失敗して帰る場所があれば安心してしまう。

逃げ場をなくすことで覚悟を決めたんだと思う。

 

 

 

目指す環境が違うと話が合わなくなる

僕は教員になるために教育学部に行きました。

ですが、入学初日に教員になるのを辞めました。

 

当然皆教員の話ばかりするので教員になるつもりがない奴が

その話を聞いても面白くないし、全くもって話が合わない。

そして居心地が超悪い。

 

自分の居場所がなくなってしまった様な気分になりました。

目指すものが違うと話が合わなくなるのは当然のことです。

 

別の形で教育に携わりたいと思っていたので

辞めはしませんでしたが、辞めようかと本気で悩みました。

 

学生で起業の話をする人なんて一握りです。

遊びの話などが大半なので聞いても、何の生産性もない。

つまらなく感じてしまい、ここは自分の居場所ではないと

感じるようになると思います。

 

経営者の話を聞いている方がよっぽど為になるし、

学びが多いので面白い。

 

就職も考えてないだろうし、大学に行かずに自身を高める環境に

身を置いた方が絶対いいと思う。

 

 

18歳、大学中退、起業

はっきり言ってこれだけで話題性抜群ですよね。

 

若くして起業するなんて非常に興味深いし、

素晴らしく勇気ある行動だと思う。

どんな人なんだろうって気になるし、会ってみたいとも思う。

 

若者はお金もなければ名誉もない。

行動だけが若者ができること。

ほんの少しの勇気と足を踏み出すこと。

これができる人は本当に凄いと思う。

 

年齢なんて関係ない。

いつか起業しようと考えていて

それがたまたま18歳だったってだけの話。

 

行動したことに関しては称賛されるに値する。

成功するかどうかなんて知らんがどうなろうが行動したことは素直に凄い。

 

 

アンチも彼に興味があるから批判したにすぎない。

それだけ話題性抜群の話だということだ。

 

彼の今後に期待したいと思う。

 

それでは今回はこの辺で。