Ryotaの教育勅語)

あなたが人生を豊かに生きるための最大のヒント


 人気記事

 人生を本気で変えたい人へ。自分の強みを知ることで人生を変えませんか??

 【大学生必見】Amazon Studentのメリットとデメリットをまとめてみた

 【無料】より少ない労力でお金を稼ぎたい人が今すぐ読むべき本を紹介


f:id:no-name-310-007:20160914162600p:plain

どーも、Ryotaです。 (@RyotasannNo) 

 

誰もが人生を豊かに過ごしたいって一度は考えたことがあると思います。

 

僕は人生を豊かに暮らすために心掛けていることがあります。

 

今回は僕が普段心掛けていることを書いていきたいと思います。

 

 

自分のために生きるのではなく誰かのために生きる

誰かのために生きるって回り回って自分のためになってるんですよね。

自分の友達や恋人が喜んでくれたら嬉しいし、その人を喜ばせるために仕事を頑張らないとなって思っています。

 

そう考えるから本当に頑張れる。

そして、周りから認められたり、実績を出すことができる。

これって人のためとか言いながら最終的には自分のためにもなってますよね。

 

だから生きる理由が誰かのためっていうことは立派な動機になると思います。

 

 

誰かを喜ばせることを考えると暗いことを考えている暇はなくなる

ネガティブな人は大概自分のことばかり考えているんですよね。

それならばいっそのこと誰かを喜ばせることを考えた方が百倍いい。

相手を喜ばせようとして考えて実行して喜んでくれたら悪い気がする人なんていませんよね??

もしいるとしたら相当ひねくれものですよ。

 

友達の誕生日サプライズを考えるとか何でもいいんです。

そうすれば気持ちが前向きになりますし、楽しみになります。

 

人を喜ばせると今度は自分が喜ばせてもらえるかもしれません。

まあ見返りを求めてしまうとしんどいので求めない方がいいですけどね。

 

 

 

喜ばせることを考えると暗いことを考える暇なんてなくなります。

時には考えることもあるとは思いますが、悩んだところで解決しないんだったら忙しくして考える暇をなくすか誰かを喜ばせることを考えた方が断然良いと思う。

 

人生を豊かに生きる最大のヒントは困っている人を助けることだと思う。

周りの誰かの手助けを全力でしてあげて下さい。

徳を積めば積むほど自分に必ず返ってきます。

 

良いことを重ねた人には良いことが、逆も然りで、悪いことを重ねれば必ず悪いことが返ってきます。

 

助けるっていったってそんなたいそれたことはしなくてもいい。

相談に乗るとか、課題を手伝うとか些細なことでいいんです。

自分のできる範囲で最大限助けてあげてください。

助ける際は利害関係など一切考えず、ただ助ければいいと思う。

 

たまに色々と手助けをしているにも関わらず、感謝もない、利用するだけ利用して用が済めば知らんぷりしてくるひどい奴も存在します。 

 

そんな人に当たったときは「可哀想な人もいるんだな」とい思い、次からは手助けしなくてもいいと思う。

ていうか、そんな人と絡んでもいいご縁を運んできてくれるとは思えないので疎遠になってもいいと思う。

 

 

これからも自分のできる範囲で全力で誰かの手助けをして、自分が困ったときも誰かに全力で助けてもらうようにしよう。笑